メンバー


小川
実行委員長

近藤
人にやさしい街づくりアドバイザー

柳原



植松



寺島
人にやさしい街づくりアドバイザー

橋本
人にやさしい街づくりアドバイザー

※「人にやさしい街づくりアドバイザー」とは
愛知県では、人にやさしい街づくりを直接担う人材の育成や、地域において指導や支援を行う人材を、「人にやさしい街づくりアドバイザー」として登録し、県内各地で「人にやさしい街づくり」の普及啓発活動への参加や市町村事業への協力等、様々な活動に取り組んでいただいています。 愛知TRYでも、多数の方がアドバイザーとして様々な活動に取り組んでいます。

誰もが暮らしやすい社会の実現へ!

〜愛知TRY実行委員会とは〜


実行委員長 近藤

副実行委員長 滝

楽しい事大好き!

お酒も大好き!

募金活動してます!
 私たち、愛知TRY実行委員会とは、「差別をなくそう愛知から」をキャッチフレーズに活動をしており、障害者差別解消法の啓発と街のさらなるバリアフリー化を目的に、若手の障害当事者たちが中心となって立ち上がった団体です。2013年10月の名古屋大行進を皮切りに、定期的に市民の皆さんに障害者差別解消法の啓発や入りやすいお店を増やす取り組みを行っています。

〜活動目的〜

@ステッカーを配布することで誰もが入りやすいお店を増やしていく!
A障害のある人の差別の解消を定めた『障害者差別解消法』を一般市民の皆さまに知ってもらう!
B誰もが暮らしやすい社会の実現のために年に一回大行動を起こす!



誰もが入りやすいお店づくり

お手伝いしますよステッカー

バリアフリーチェック

様々な要望活動

デモ行進

■誰もが入りやすいお店を増やす活動をしています

愛知TRYTシャツ 体の不自由な方が「声をかけて下されば、お手伝いできますよ」というお店や施設は多いと思います。でも「お手伝いを必要としている人」にはその気持ちが届いていない。そこでメッセージ性のあるステッカーを店舗入口の見やすい位置に貼ってもらい、誰もが気軽に入りやすいお店を目に見える形で増やしていきたいと考えました。
 たとえバリアがあっても少しのお手伝いで解消できるバリアはたくさんあります。このステッカーを目にした人が、お店に入ることを諦めずに済むのではないかというのが狙いです。
 地域に暮らす多くの人たちがステッカーを目にし、それを見た人たちが障害者や高齢者を外に連れ出してほしい。お店の人も障害者やバリアフリーについて理解を深めるきっかけとなり、みんなが暮らしやすい社会を目指しましょう。このステッカーは障害者だけに対してという意味ではなく、高齢者・妊婦・ベビーカー・大きい荷物を持った人・外国人などすべての人を対象にしています。


■障害者差別解消法とは

2013年6月に成立し、2016年4月から施行されています。
 この法律は、障害のある人への差別をなくすことで、障害のある人もない人も共に生きる社会をつくることを目ざしています。
 障害者差別解消法では、「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮をしないこと」が差別になります。

不当な差別的取り扱い

例えば、「障害がある」という理由だけでスポーツクラブに入れないこと、アパートを貸してもらえないこと、車いすだからといってお店に入れないことなどは、障害のない人と違う扱いを受けているので、「不当な差別的取扱い」であると考えられます。ただし、他に方法がない場合などは、「不当な差別的取扱い」にならないこともあります。

合理的配慮をしないこと

 聴覚障害のある人に声だけで話す、視覚障害のある人に書類を渡すだけで読みあげない、知的障害のある人にわかりやすく説明しないことは、障害のない人にはきちんと情報を伝えているのに、障害のある人には情報を伝えないことになります。
 障害のある人が困っている時にその人の障害に合った必要な工夫ややり方を相手に伝えて、それを相手にしてもらうことを合理的配慮といいます。障害者差別解消法では、役所や会社・お店などが、障害のある人に「合理的配慮をしないこと」も差別となります。


<問い合わせ先>
愛知TRY実行委員会
    愛知県名古屋市昭和区恵方町2−15 AJU車いすセンター内
    TEL052(851)5240 FAX052(851)5241


TOPへ